通話時間タイマーアプリで電話料金・時間が気にならない

UQモバイルの今は5分かけ放題になっている。

でも5分を時計を気にしながら話をしていたら会話内容が頭に入らない。

そこでアプリの登場だ!

通話タイマーを上手な使い方

playストアに行けばいろんなアプリがある。

通話時間タイマーアプリもその中にあり無料で使える。

通話時間を設定しとくとバイブで教えてくれたり、通話自体を切ってくれる。

私は4:20秒でバイブで知らせて4:45秒で電話を切るようにしている。

時間が来れば切れるので「あっ ゴメン!」って言ってまたかけれる。

だから時間を気にすることなく話せる。

アプリの設定は色々できるみたいです。

通話時間を知らせてくれて自動で切れるってのが凄い。

電話が切りづらい相手でも切ってくれます。

再度かけ直して「どうもすみません」って謝っとけば良い。

1度アプリを起動して電話

これの欠点は電話するたんびにアプリを起動して閉じてあげないといけない。

何もしないでただ起動して閉じればいい。

起動する意味がないけど、起動しないとアプリは使えない。

途中で切らないで長電話もできるようになっているのかもしれない。

私は電話アイコンのすぐ横に通話時間タイマーアプリのアイコンを置いている。

直ぐ起動したいからです。

通話時間が気にならない

通話時間タイマーアプリを使えば全く追加料金が気にならない。

アプリの使い方は1度通話時間タイマーアプリを起動してすぐに閉じる。

それから電話するとアプリが起動する。

アプリを1度開いてから何もしないで、ただ閉じます。

するとアプリが起動して電話ができるようです。

ただ電話したら1度起動しなかった時がありました。

それからは必ずアプリ開いてまた閉じてから電話します。

電話料金が気にならない

この電話料金が気にならないってのはUQモバイルに言えることかもしれない。

他にもたくさんあるのだろうけど、楽天は自分で850円を支払ってオプション扱いになる。

UQモバイルは最初からのプランの中に入っているので安心だ。

Yモバイルの方が10分と長いのでありがたいシステムだけどエリアが心配だ。

ドコモやauはそれなりのエリアだと私は思う。

ドコモで圏外でもauでは通話できたり、その逆もあった。

一概にどちらが良いとは言えない。

あとの電話会社はドコモやauよりは電波が悪そうだ。

電波エリア

UQモバイルはauの電波を使っているNVMOだ。

だから電波のエリアは全く心配していない。

auとドコモ以外は電波エリアではau、ドコモには勝てないと思う。

au、ドコモが圏外で以外の電話会社が通話できるとは考えづらい。

ということでYモバイルからUQモバイルにしました。

どちらもCMが凄いですね。

私はZen Fone 3を選びました。

スマホもセットで契約すると設定は何もいらないです。

電話回線の切り替えだけです。

いままでドコモの回線でしたが、画面操作1つでドコモからUQモバイルに変わりました。

そのまんまにして置くとMNPは15日間までしか期限がないのでドコモのまんまです。

電話の使えない時間はありません。

パソコン操作で1瞬に変わります。

通話時間タイマーアプリ

5分かけ放題に欠かせないアプリがあって本当に良かったです。

アプリを開いたら設定は簡単にできる。

それぞれ通知時間と終話時間の変更は右側の水色の変更からできる。

私は通知時間が4:00にしている。

それで切るタイミングを見つける。

終話時間は4:45秒後に設定している。

切るタイミングでモタモタしていると自動で切れるシステムだ。

本当に起動してるか確かめよう!

通話時間タイマーアプリが起動していると赤枠で囲ったように表示される。

この表示が出ていないとアプリは起動していない。

アプリを使うには1度アプリを起動して何もしないで閉じる。

そして電話するときちんと起動するみたいだ。

5分って微妙な長さで長いようで短い。

気にしてないと時計を見ると15分とかになっている。

自然に切れたら今度は切りやすい。

UQモバイルとこのアプリはセットだな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする