UQWiMAXが速度制限を3日で3GBから10GBに緩和

UQコミュニケーションズはWiMAXを3日で10Gに緩和されたことを明確にしている。

本体にUQWiMAXと書かれていても通信事業者が違うときがある。

きちんとUQコミュニケーションズでUQWiMAXを契約したい。

速度制限が3日で10G

3日で3Gの時もそれほどYouTube動画で騒ぎにはなってなくて、速度制限がかかっても何ら変わらないで使えるって意見が多かった。

だが今回は不都合がないように明確に発表された。

今までは体感として速度制限がかかってもそれなりに使えるってことでした。

今回は3日で10Gと大幅に速度制限が緩和され、速度制限がかかっても標準画質でYouTube動画が見られるような速度制限になるとされている。

WiMAXが3日で10G

3日で10Gってすごいことだ。

3連休でもなかったら使いこなせない数字です。

今までの電話回線とか必要ないで使える。

普段はスマホと一緒に持ち歩いて家に帰ってクレードルに置いて充電しながらパソコンやスマホを使えることができる。

WiMAXはテザリングとは違うのでスマホへの負担もない。

テザリングで電波をパソコンに持ってかれて速度が遅いってこともない。

【WiMAX2+】【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】

スマホの通信さほど必要なし

WiMAXにはau 4G LTE ってのが付いている。

これはauの電波が使えるとことでは山奥でも電波がつながるってことです。

ただし7Gの制限があり、別途1,005円かかる。

7Gのうち1MBしか使わなくても1,005円かかる。

ちょっと使おうが、制限ギリギリまで使おうが1,005円とられる。

これなら電話回線の付いたスマホを持っていた方が良いと思う。

電話は毎日のように使うって人はUQモバイルのおしゃべりプランのSで良いと思う。

お値段は最初の1年は1,980円だ。

2年目以降は2,980円だ。

通信は2倍でも2Gしかない。

こんな人が普段はWiMAXにWi-Fi接続して使う。

ドライブなどで山に行ったらスマホの電波を使う。

あんまり電話もしない

こんな人はとりあえず電話は使える方が良いって人も多い。

電話番号はそのまま引き継ぎたいって人もいる。

そんな人はnuro mobile が良いと思う。

あのソニーの会社でソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社で行っている。

0simでも有名です。

通信が2Gで音声付SIMで1,400円です。

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile

UQモバイルのスマホ本体無料

UQモバイルで無料でスマホが手に入る機種もある。

本体に価格が付いていても他の割引で実質0円ってのがある。

5分かけ放題に通信制限アプリを使えば永久に電話料は無料だ。

そうなるとスマホはUQモバイルでWiMAXはUQコミュニケーションズで決まりです。

どちらもUQで割引もあります。

UQWiMAXの速度制限

先ほどから登場しているau 4G LTE回線ですが、7Gの制限があります。

この7G制限を超えるとau 4G LTE回線だけが速度制限がかかるわけではありません。

全ての回線が制限の対象になってしまうんです。

au 4G LTEがスピード制限がかかってもWiMAX2+も同時に制限がかかります。

3日で10G使ってなくてもau 4G LTEの速度制限がかかれば全てが制限かかります。

速度制限が解除されるのは翌月からになります。

15日にau 4G LTEの制限がかかると、翌月まで速度制限がかかったままです。

au 4G LTEさえ使わないと3日で10Gの制限のままです。

スマホは別契約する

ドコモ回線より電波が悪いんじゃないのって意見もあります。

だけどどちらも同じだと思います。

ソフトバンクだけがちょっと悪いくらいで同じだと思います。

ドコモで圏外でもauは電波が届いて電話できる場合もあります。

その逆もあります。

どちらのエリアが良いとは言えません。

山奥以外はWiMAXで十分でしょう。

電波エリア確認

必ずWiMAXエリアを確かめてください。

サイトを1番下まで行くとフッター部分に当サイトについてとあります。

そこをクリックすると別のページが開きます。

別のページに行ったら今度は1番上にエリアってあります。

そこからエリア確認してください。

超速モバイルネットWiMAX 2+!!ニッポンを、超速へ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする